アジアをおかずに飯を食う

鉄道に乗って凭祥から南寧までの行き方・アクセス方法を写真付きで紹介します【中国・広西チワン族自治区】

time 公開日:2017/04/03 time 更新日:2017/09/06

凭祥から南寧まで

ベトナムから中国の広西チワン族自治区に陸路で国境越えをしたら、次はどこに行きますか?

僕だったら迷わず「徳天村」をおすすめしますが、とりあえず首府である「南寧」に向かおうと思う方もいると思います。

今回は、凭祥から南寧までのアクセス方法について紹介します。

南寧のまとめ記事はこちら↓

 

徳天村もおすすめだよ。

sponsored link

まずは凭祥鉄道駅へ

凭祥から南寧まで

こちらが凭祥の鉄道駅になります。

国境のある「友誼関」にて乗り合いタクシーを捕まえて向かいましょう。

20元≒323円でした。

ミニバンの車でフロントガラスに「凭祥」と書かれていたら、それが乗り合いタクシーです。

”凭祥 火车站”と紙に書いて運転手さんに見せれば伝わると思います。

中国を旅する前に知っておきたい最低限の中国語フレーズはこちらの記事にまとめてあります。

 

凭祥から南寧まで

ここで大事なお知らせ。

運行本数がかなり限られているので要注意です。

上の写真の通り2本/日のみの運行です。

ベトナムからやってきて当日中に南寧に行く方は14:30の列車が現実的かと。

早めに行って切符を確保したいところです。

 

凭祥から南寧まで

無事、切符をゲット。

29.5元≒477円。

発車1時間前で買うことができました。

05号車・座席番号は078号ですね。

 

凭祥から南寧まで

待合室。

あれ、人少ない。

意外と余裕で切符買える?

 

凭祥から南寧まで

1時間待合室で待機して、ようやく列車に乗り込みます。

これから列車の旅が始まるんだ!っていう発車前のプラットフォームのこの雰囲気が好きです。

記念に写真に収めます。

 

凭祥から南寧まで

凭祥→南寧

片道約5時間の道のりです。

 

凭祥から南寧まで

切符に書いてある列車番号と座席番号を確認して乗り込みます。

 

凭祥から南寧まで

座席をこんな感じ。

座り心地はなかなかいい感じです。

まぁ、中国の人は基本的にじっと座っていることはないですけど。

 

凭祥から南寧まで

飲み物や軽食の車内販売があります。

あとは、なぜか歯ブラシや血圧計やシェーバーなどの販売もあります。

テレビショッピングもびっくりな実演を駆使して押し売りしてきます。

 

凭祥から南寧まで

外の景色はとても長閑で風情があります。

中国農村の日常風景が見られます。

 

凭祥から南寧まで

中国の車内風景も楽しめます。

基本賑やかで見ていて飽きないです。

おしゃべりしてたり、ひまわりの種食べてたり、トランプしてたりと自由に過ごします。

 

凭祥から南寧まで

お子ちゃまが可愛かった。

長旅、お疲れさま。

 

凭祥から南寧まで

5時間ほどで南寧に到着。

お忘れ物はないですか?

 

凭祥から南寧まで

中国は相変わらず皆好きなことをして楽しんでいます。

僕はそんな中国が大好きです。

sponsored link

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]



sponsored link