アジアをおかずに飯を食う

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報【中国・広西チワン族自治区・桂林】

time 公開日:2017/05/12 time 更新日:2017/05/12

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報【中国・広西チワン族自治区・桂林】

陽朔(ヤンスオ)の安宿情報について紹介します。

今回は「西街」と呼ばれる中国におけるバックパッカーの聖地の一つと言われている場所とその周辺に絞ってみます。

このエリアは宿が豊富に存在します。

また、英語が通じるところが多いです。

周りには屋台をはじめとする露店が軒を連ねているので、安く気軽に観光するにはとても良い場所かと思います。

陽朔の安宿情報

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

宿はたくさん存在しますが、格安で泊まりたいのであれば限られてきます。

安宿は、メインストリートよりもそこから伸びる細い路地に存在する傾向にあります。

欧米人のバックパッカー向けのゲストハウスにはドミトリーが用意されています。

安いところで500円/泊ほどです。

しかし、最近は中国人のバックパッカー客が増えているので、価格は上昇傾向にあり、ハイシーズン時は満室ということも考えられます。

また、シングルルームなどの個室に宿泊する場合には、2,000円くらいは覚悟した方がいいです。

という僕は、ドミトリーが苦手なんでいつもシングルルームに泊まるんですが…

宿泊した安宿

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

部屋の概要

名称 樂成賓館
部屋 シングルルーム
値段 70元≒1,155円
Wifi あり
ホットシャワー あり
テレビ あり
AC/ファン AC
特記事項 フロントには「乐成精品酒店」と書かれていた

 

シングルルームがいい、でも予算は限られている僕は西街を少し出たところに泊まることにしました。

聞き込み調査をしたところ、西街で個室に泊まる場合の相場は120元≒1980円くらいでした。

西街の目の前にある大通りを渡って裏路地にあったこの宿は80元≒1320円。

交渉して70元≒1155円にまけてもらいました。

中国の個室であれば平均的な価格かと思います。

 

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

室内の様子。

ラブホテルではありません。

ふかふかのベッドに大きな窓がグッドです。

デザインのコンセプトはラブホテルかもしれません。

 

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

とても綺麗な部屋でした。

テレビ・ハンガーなど生活に必要なものは揃っています。

中国の宿は、清潔&アメニティが揃っていて快適です。

 

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

窓からの眺め。

緑が気持ちよかったです。

西街や大通りから少し離れた場所にあるので比較的静かでした。

逆に、西街に泊まる場合はパブやナイトクラブ等が密集していますので、宿を探す際は騒音には注意した方がいいと思います。

 

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

洗面所&トイレ。

きちんと掃除されていて、とても綺麗です。

特に不満はありません。

 

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

シャワーの水圧は抜群でした。

お湯になるまでは数分ほど時間がかかりますので、しばらく出しっ放しにしておきましょう。

タオル・シャンプー・ボディソープはついてます。

周辺情報

「陽朔」のバックパッカー向け安宿情報

・西街から徒歩3分ほどです(新漓江酒店の裏)。

・近くにローカルマーケットがあります。

・レストラン&屋台が豊富にあります。

 

西街について知りたい方はこちら↓をどうぞ。

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]