アジアをおかずに飯を食う

さぁ、ビクトリアピークに登って香港を一望しよう!

time 公開日:2017/05/30 time 更新日:2017/08/03

ビクトリアピーク

ビクトリアピークは香港で最も有名な観光スポットではないでしょうか。

山頂とも呼ばれる標高552mを誇る香港島の最高峰の山からは、九龍・香港島・ビクトリアハーバーを一望することができます。

それでは実際に登ってみましょう!

ビクトリアピークから香港を一望しよう!

アクセス

香港・ビクトリアピーク

ビクトリアピークまではバスで行くことができます。

フェリーターミナルから15番バスに乗ります。

「山頂」という文字を目印に15番バス停を探しましょう。

山頂を目指します

香港・ビクトリアピーク

15番バスに乗れば目の前で下車できます。

下車しましたらまずはチケットを購入しましょう。

 

香港・ビクトリアピーク

ビクトリアピークは「ピークトラム」と「スカイテラス428」それぞれ別料金となっています。

スカイテラス428に行きたい場合は、ピークトラムとセットで購入するのがお得です。

ピークトラムとその料金

山頂までアクセスするためのケーブルカーです。

片道:32HKD

往復:45HKD

スカイテラス428とその料金

屋上にある展望台で、360度パノラマビューを楽しむことができます。

以下は、ピークトラムとセットで購入する場合の料金です。

片道:75HKD

往復:88HKD

 

香港・ビクトリアピーク

チケットを購入しましたらピークトラムで山頂を目指しましょう。

スカイテラスには行かずにピークトラムで移動するだけであれば、オクトパスカードを使えばチケットカウンターに並ぶ手間が省けます。

 

香港・ビクトリアピーク

改札を通過するとちょっとした展示コーナーがありました。

当時の改札はこんな感じだったんだろうか。

 

香港・ビクトリアピーク

おぉ!ケーブルカーがやってきた!

けっこうな傾斜だね。

 

香港・ビクトリアピーク

乗り込みましょう。

眺望の良い最前列は競争率が高めです。

 

香港・ビクトリアピーク

ぐんぐん登っていきます。

海の向こうは九龍エリアですね。

 

香港・ビクトリアピーク

僕の命はこのケーブルに委ねられました。

これが切れたら勢いよく転がり落ちることでしょう。

 

香港・ビクトリアピーク

無事到着。

プラットホームがなかなかの傾斜でした。

足が不自由なおばぁちゃんがいたのですが、ちょっと辛そうでした。

 

香港・ビクトリアピーク

プラットホームを抜けてちょっと歩くとブルース・リーが出迎えてくれました。

一緒に記念撮影することもできます。

記念にいかがですか?

全然関係ないですけど、この記事を書いてる時に”ぶるーすりー”って入力して変換かけたんですが変換候補に”李小龍”って出てくるんですね。

やっぱり有名人は違うなぁと思いました。

あっ、どうでもいいですね。

 

香港・ビクトリアピーク

山頂にはショッピングモールのようなビルが建っています。

ここにあるエスカレーターを上がっていくと、屋上展望台まで行けます。

しかしこの日は生憎の曇り空で遠くまで見渡すことはできませんでした…

ぜひ天気の良い日に行ってください!

 

Wikipediaから引用した香港・ビクトリアピークの写真

こちらはWikipediaから引用したビクトリアピークから見た香港の夜景。

いやーめっちゃ綺麗ですね。

いやー次回はこんな景色をぜひ眺めてみたいものです。

 

香港・ビクトリアピーク

展望台までいく金なんてないよ!って方はこちらから無料でそこそこ良い景色を楽しむことができます。

 

香港・ビクトリアピーク

目印はバーガーキングです。

ちょっとわかりづらい場所にあるのですが節約派は探してみてください。

 

香港・ビクトリアピーク

景色はこんな感じです。

天気が良ければきっと香港を一望できるはずです。

また香港を訪れた際は、再チャレンジしてみたいと思います。

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]