アジアをおかずに飯を食う

LCC利用者は要チェック!羽田空港のオススメ仮眠・充電スポットを紹介します

time 公開日:2017/03/17 time 更新日:2017/05/19

LCC利用者は要チェック!羽田空港のオススメ仮眠・充電スポットを紹介します

香港・中国を旅行した際に、早朝便だったので終電で向かい羽田空港で一泊しました。

空港泊してみて思ったことは、深夜の空港ってなかなか混雑しているということです。

実際に空港泊してみてわかった、仮眠・充電スポット・深夜営業しているお店等をまとめてみました。

羽田空港にて空港泊を検討している方は参考にしてみてください。

空港までのアクセス

羽田空港泊

羽田空港泊

東京モノレール「羽田空港国際線ビル」駅にて下車・羽田空港に到着しました。

京急線からアクセスすることもできます。

乗り換えが発生する場合は、電車遅延を考慮して終電でのアクセスはできる限り控えた方がいいです。

さて、現在の時刻は0時15分。

そして今回のフライトは香港エクスプレスで6時35分です。

出発までの約6時間を羽田空港で過ごそうと思います。

羽田空港泊

深夜営業しているお店

香港エクスプレスは、出発の3時間前からチェックイン可能です。

それまでは寝るなり暇つぶしすることになるのですが、狭い空港なのでどこも人で溢れています。

時間帯が深夜なので、全てのお店が開いているわけではありません。

深夜なのでほとんどのお店は閉まっています。

数は少ないですが、羽田空港には24時間営業のお店があります。

以下に深夜営業をしていたお店を紹介します。

DINING 24 羽田食堂(レストラン)

羽田食堂

レストランです。

店内の奥にレストランスペースがあります。

空港泊という観点で言うと、雰囲気的には長居しづらそうでした。

MOS CAFE(カフェ)

MOSCAFE

モスバーガーで有名なカフェです。

バーガーを食べたりお茶したりと小一時間座りたい時に使えそうです。

吉野家

吉野家

大手牛丼チェーンです。

安くて早くて美味しいですが、長居は難しいでしょう。

すぎのこ(居酒屋)

すぎのこ

お酒飲める方限定ですが、オススメなのが居酒屋です。

複数人でお酒を飲みながら語り合えばあっという間にフライトの時間となるでしょう。

飲みすぎには注意してね…

CAFE CARDINAL

Cafe cardinal 1

Cafe cardinal 2

カフェですが、個人的にはこちらもオススメしたいです。

モスカフとェ比べて広々としていて落ち着いた雰囲気があり、有る程度の長居はできそう。

上の写真は朝の5時30分ですが、人はそこまで多くなく居心地も良かったです。

寝床

さて、寝床探しです。

チェックインまでの間はどこかで仮眠をします。

お金に余裕のある方は空港内に「ROYAL PARK HOTEL」というホテルがあるのでベッドで熟睡するといいと思います。

お金のない私は空港内のベンチで仮眠することにしたのですが、できるだけ快適に過ごしたいものです。

残念なことに、入国審査前はベンチの数はあまり多くありません。

空港ロビーにあるベンチには大量の外国人観光客が占拠していることでしょう。

そんな状況でオススメなのは、4階の「江戸小路」と呼ばれる和と江戸時をテーマにしたレストランフロアです。

深夜になるとお店は閉まりますが、静かで人が少ないので仮眠には適した場所と言えるでしょう。

参考までに、雰囲気としてはこんな感じです(時間は深夜1:30)。

赤いベンチで仮眠することができます。

人も少ないです。

イミグレ前仮眠スポット

もう一つのおすすめスポットとしては、2階の到着ロビーです。

3階の出発ロビーと比べて人が少なく、ベンチの数も多いです。

空港全体に言えることですが、冷房でけっこう冷えます。

温暖な気候の場所に旅される方も上着は欲しいところです。

2階到着ロビー 1

2階到着ロビー 2

たるかりさんはここで仮眠をしました

また、あまり眠くなくて時間を潰した方は外の展望デッキもオススメできます。

間近で飛行機の離着陸と眺めながら時間を潰すのは空港ならではの楽しみ方と言えるでしょう。

羽田空港 展望デッキ

充電スポット

充電スポット 0

空港内には無料で充電可能なスポットが点在しています。

入国審査前のエリアは、誰かが占有していて空いているところを探すのに苦労すると思います。

上の写真は出発ロビーですが、外国人観光客に占拠されていました。

充電スポット

穴場としては2階到着ロビーにある充電スポットです。

3階の出発ロビーに比べて2階到着ロビーは人が少なく気軽に充電できました。

出国審査の後は席に困らない

入国審査後は、たくさんのベンチがあるので横になる場所には困らないでしょう。

なお、特等席はリクライニングチェアです。

(下の写真、競争率はとても激しい)

ここまでくると仮眠ではなく、熟睡が可能ですね。

もちろん、電子機器の充電もできます。

運よくこの座席をゲットできた方は、自分は幸運なのだと喜びを噛み締めながら爆睡してくださいね。

リクライニングチェア

まとめ

・3階の出発ロビーは人が多いのでおすすめしない

・24時間営業の食事処は存在するが長居できるお店はカフェと居酒屋くらい

・仮眠におすすめなのは4階の「江戸小路」のベンチと2階の到着ロビー

・2階到着ロビーは、3階出発ロビーに比べて人が少なく仮眠・充電しやすい

・入国審査後は、寝る場所・充電場所には困らない

最近はLCCの普及により深夜便・早朝便が増えています。

電車やバスのある時間帯であればいいのですが、止むを得ず空港で一夜を明かす方もいるかと思います。

空港の設備を有効に活用してお得&快適に空の旅をお楽しみください。

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]