アジアをおかずに飯を食う

南寧から徳天跨国大瀑布および明仕田園まで、ローカルバスによる行き方・アクセス方法【中国・広西チワン族自治区】

time 公開日:2017/03/30 time 更新日:2017/04/13

南寧から徳天跨国大瀑布および明仕田園まで、ローカルバスによる行き方・アクセス方法【中国・広西チワン族自治区】

広西チワン族自治区の首府である南寧から徳天跨国大瀑布の観光拠点である「徳天村」へのアクセス方法について解説していきます。

筏による川下りを楽しめる「明仕田園」も同じバスで行くことができます。

徳天跨国大瀑布は、広西チワン族自治区の南西部にある中国とベトナムにまたがる壮大な滝です。

なお「徳天村」へのアクセス方法はバスのみで、所要時間は南寧から片道約5時間です。

観光専用バスがあるのですが、運行本数は1本/日と少なく、現地ツアー旅行は日帰り弾丸ツアーだったので、今回はローカルバスを乗り継いで自力で行くことにしました。

南寧から大新へ

南寧から徳天跨国大瀑布まで

まずは、乗り換えポイントである「大新」へ向かいます。

南寧からバスが出ていますので、「埌東汽車站」バスターミナルへと向かいます。

バスターミナルのある「埌東客运站」駅までは、地下鉄が便利です。

南寧の地下鉄の乗り方については、こちら↓の記事をどうぞ。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

埌東客运站駅のB出口を出れば 目の前にバスターミナルが見えます。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

「埌東汽車站」バスターミナルです。

首府である南寧のメインターミナルなので、そこそこ大きいです。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

チケット売り場でチケットを購入します。

何本も運行しているらしく、当日券で問題ありませんでした。

60元≒960円。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

大新行きのバスに乗り込みます。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

車内はこんな感じ。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

しばらく走ると高層ビル群は姿を消し、目の前にカルスト地形が広がってきます。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

3時間ほどで大新バスターミナル「大新客运站」に到着。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

大新県は、広西チワン族自治区・崇左市に位置します。

日本育ちのぼくには理解しづらいですが、市の中に県があります。

地図中央が大新県で、徳天村は地図左に位置します。

大新から徳天村へ

南寧から徳天跨国大瀑布まで

バスターミナルのチケット売り場にて、徳天行きのチケットを購入します。

22元≒352円でした。

30分ほど待って出発です。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

こちらが、徳天行きのバス。

徳天跨国大瀑布の観光拠点である「徳天村」までの運行となるので、終点で降りればそこが目的地です。

明仕田園に行きたい場合は、終点ではなく明仕田園で途中下車してください。

念のため、チケットを購入する際に明仕田園を通過するかどうか確認をすると確実です。

また、バスに乗り込む際は運転手さんに「明仕田園」と書かれた紙を見せて猛アピールしておきましょう。

忘れられてそのまま通過ということがよくありますので…(何度か経験済み)

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

乗客はさほど多くはありませんでした。

途中で乗客が乗ってきますが、途中で降りていきます(明仕田園で下車する中国人観光客は何組かいた)。

結局、終点まで乗ったのはぼくと前に座っていた合計5人だけでした。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

2時間ほどで終点の徳天村に到着です。

「徳天跨国大瀑布」と書かれた木造の門が迎えてくれます。

なお、明仕田園までは大新から1時間30分ほどです。

明仕田園周辺に宿はないので、日帰りでない場合は大通りで徳天行きのバスを捕まえて徳天村に滞在するといいでしょう。

 

南寧から徳天跨国大瀑布まで

門をくぐると、目の前が徳天村です。

徳天瀑布へは、この村から歩いてアクセス可能です。

徳天村を拠点とした観光情報

南寧から徳天跨国大瀑布まで

徳天村は小さいですが、とても魅力溢れる村です。

「徳天瀑布」「明仕田園」をはじめとする観光情報は以下の記事にまとめています。

長旅、お疲れさまでした。

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]