アジアをおかずに飯を食う

「徳天村」のバックパッカー向け安宿情報【中国・広西チワン族自治区】

time 公開日:2017/03/30 time 更新日:2017/08/03

徳天村の安宿

徳天跨国大瀑布の観光拠点である「徳天村」の安宿情報について解説します。

徳天村はとても小さな村なので、簡単に宿を見つけることができるでしょう。

その代わり、数が少ないです。

ぼくが調査した限り、宿は全部で6軒です。

相場

相場は時期によって変わると思います。

近くには「徳天跨国大瀑布」と呼ばれる大きな滝があり、ほぼ全ての観光客はそれを目当てにこの村にやってきます。

滝の水量が多い雨季(6月〜10月)がベストシーズンと言われていて宿代は高騰するでしょう。

ぼくが訪れた3〜4月は乾季で、観光客は少なく、宿代は雨季と比べて安かったはずです。

乾期で水量が少ないとはいえ、十分に豪快で迫力満点な滝を楽しむことができたので、安く旅行をしたい方はあえてシーズンオフに訪れるのも良い選択肢かと思います。

乾期の相場は、シングルルームで1泊あたり100元〜200元(1600円〜3200円)でした。

ただし、この小さな村に連泊する客はほとんどいないので、連泊を条件に値下げ交渉する余地は十分あると思います。

ぼくは80元≒1280円で泊まることができました。

宿泊したホテル

徳天村の安宿情報

ぼくが宿泊したホテルを紹介します。

 

部屋の概要

名称 徳天临港宾馆
部屋 シングルルーム
値段 80元≒1,280円
Wifi あり
ホットシャワー あり
テレビ あり
AC/ファン AC
特記事項 お湯は夕方から使用可能

とても綺麗な宿でした。

冬で肌寒かった時期でしたが、室内にはエコアンがあってとても助かりました。

上の写真に写っているロビーが居心地の良い空間で、ビールを飲みながらまったりと過ごす機会が多かったです。

 

徳天村の安宿情報

パスポートを提示して部屋代を支払います。

上の領収書は、7連泊した時のものです。

部屋代:80元×7泊+押金(デポジット):140元、合計700元です。

この紙はデポジット返金の際に必要となりますので捨てずに保管しておきます。

 

徳天村の安宿情報

綺麗なシングルルーム部屋でした。

南寧に比べて田舎は綺麗で広々としていて良いですね。

 

徳天村の安宿情報

窓からの眺めです。

たまにですが、人がここを通るため視線が気になります。

他の部屋は問題ないかもしれません。

 

徳天村の安宿情報

窓際に椅子とテーブルがあり、くつろいだりちょっとした作業をする時に重宝しました。

 

徳天村の安宿情報

テレビと電気ケトルがあります。

 

徳天村の安宿

とても綺麗なエアコンで効きも十分です。

徳天村の冬は、けっこう冷えるので暖房があると助かります。

 

徳天村の安宿情報

もちろん、Wifiもあります。

通信速度は速くもないですが遅くもないです。

ギリギリ動画が見れるくらいの速度です。

 

徳天村の安宿情報

洗面所とシャワー。

きちんと掃除されていて清潔です。

 

徳天村の安宿情報

ホットシャワー付きです。

ただし、お湯が使えるのは午後4時からです。

朝と昼は水しか出ませんので注意が必要です。

 

徳天村の安宿情報

トイレです。

まぁ普通に使えます。特に問題ありません。

 

徳天村の安宿情報

トイレットペーパーやシャンプーやボディソープ等の備品が用意されています。

足りなくなったら貰えます。

 

徳天村の安宿情報

バスタオル、そしてハンガー。

ぼくは旅先で衣類の洗濯を自分で洗濯するので大変助かります。

 

徳天村の安宿情報

ドライヤーが使えます。

髪が短いけれど無駄にドライヤーを使ってセレブ気分に浸りました。

また、ベッドサイドにライトがあるのはよかったです。

就寝前に、読書をしたり翌日の予定を考えたりする際によく使いました。

周辺情報

徳天村の安宿情報

・食べるところには困りません。

・ATMはありません。

・ベトナムとの国境沿いを散歩できます。

・近くに有名な滝があります。

・明仕田園にも割と近いです。

徳天村はとても小さな村ですが、徳天跨国大瀑布をはじめとする都会にはない地方の魅力で溢れています。

ほぼ全ての観光客は日帰りまたは1泊で去ってしまいますが、あえて長期滞在してこの村の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

徳天村および周辺の観光スポットについては、以下の記事をどうぞ。

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]