アジアをおかずに飯を食う

桂林「蘆笛岩」で感じる鍾乳洞と中国文化

time 公開日:2017/04/13 time 更新日:2017/09/06

桂林「蘆笛岩」

ライトアップされた鍾乳洞が美しい桂林の「蘆笛岩」に行ってきました。

蘆笛岩は外国のお偉いさん達も訪れるらしいです。

確かに鍾乳洞は綺麗だったんですけど、個人的には中国式のライトアップやプロジェクションマッピングによる過度な演出が楽しかったです。

この記事では、蘆笛岩の基本を抑えつつ、ちょっと異なる視点で紹介したいと思います。

sponsored link

鍾乳洞ってなんだっけ?

その前に「鍾乳洞」について軽く触れておきます。

鍾乳洞(しょうにゅうどう)又は石灰洞(せっかいどう)は、石灰岩が地表水、地下水などによって侵食(溶食)されてできた洞窟であり、ふつう石灰岩地帯に存在する。 前者が洞窟内に生じた鍾乳石などの洞窟生成物(二次生成物)に視点をおいた用語であるのに対し、後者は洞窟を胚胎する地質的な母岩の種類に視点をおいた用語である。(Wikipedia

雨や地下水によって削られて作られた洞窟ってとこかな?

確かに巨大な岩の内部が広い空間になってました。

蘆笛岩(芦笛岩)、入場!

桂林・蘆笛岩

さて、さっそく蘆笛岩に入ります。

中国の観光地ではよくあることなんですが、同じ敷地内に入り口がいくつもあります。

まず一つ目。

 

桂林・蘆笛岩

入り口の脇では、客だか従業員だかわかりませんが気持ち良さそうに寝てました。平和ですね。

 

桂林・蘆笛岩

2つ目の入り口。

こんな感じの階段を10分ほど登ります。

面倒臭い人・足腰弱い人は、ローラーコースターに乗って洞窟まで行くことができるのでそちらを使用して行くといいでしょう。

見えにくいですが、上の写真の右上に伸びている白いものがコースターのレールです。

 

桂林・蘆笛岩

3つ目の入り口です。

チケットの購入ですが、ここでも買えますし1つ目の入り口でも買えます。

その日の気分によって購入場所を柔軟に変えてみてください。

 

桂林・蘆笛岩

チケットは110元≒1,740円でした。

けっこう高いな!

なお、ある程度のまとまった人数が揃うまで中に入ることができません。

というのも、案内役のガイドさんが必ずつくので、一人で入るというわけにはいかないようです。

もちろん中国語でのガイドなのですが、中国人と一緒にツアーに参加している感覚になってとても楽しいです。

 

桂林・蘆笛岩

これが本当の入り口です。

今まで通過した数々の入り口はなんだったんですかね。

 

桂林・蘆笛岩

今回は中国人のツアー客と一緒に入場しました。

イルミネーションが美しい鍾乳洞

桂林・蘆笛岩

カラフルなイルミネーションで綺麗にライトアップされています。

内部はひんやりとしていて涼しいです。

 

桂林・蘆笛岩

鍾乳洞とカラフルな照明が見事に融合していてなかなか幻想的です。

 

桂林・蘆笛岩

桂林・蘆笛岩

いったいどれほどの年月をかけて、この鍾乳洞が作られたのでしょうか。

ちょっと想像できないです。

 

桂林・蘆笛岩

照明が丸見えでした。

フードがお洒落ですね。

鍾乳洞と見事にマッチしています。

また、スピーカーが埋め込まれていまして水の流れる音が聞こえてきます。

かなり凝った演出ですね。

 

桂林・蘆笛岩

おっと。照明のスイッチを発見!

見てはいけないものを見てしまいました。

勇気のある方はこのスイッチを押してみてください。

自己責任でね。

鍾乳洞で楽しむプロジェクションマッピング

しばらく進むとひらけた空間に案内されて、強制的にプロジェクションマッピング(プロジェクターを使った映像)を見させられます。

 

桂林・蘆笛岩

なぜかバレリーナのダンスが始まりました。

周りからは「おぉ!」という歓声が聞こえます。

 

桂林・蘆笛岩

今度はなぜか恐竜が出現します。

中国人観光客は皆んなで大喜びでした。

その光景に僕も大喜びです。

 

桂林・蘆笛岩

水面に反射するイルミネーション、悔しいけどこの光景は綺麗だった。

施設情報&アクセス

桂林・蘆笛岩

営業時間

4月ー10月:7:30ー18:00

11月ー3月:8:00ー17:30

休業日

なし

入場料

110元≒1,740円

アクセス

3番バス「芦笛岩」下車。

桂林駅やバスターミナルなどの桂林中心地からバスで行けます。

バス代は1元と格安です。

sponsored link

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]



sponsored link