アジアをおかずに飯を食う

アウトドアリサーチのヘリウムⅡジャケット、登山・バックパッカーに最適なレインウェア

time 公開日:2017/03/15 time 更新日:2017/10/16

アウトドアリサーチのレインジャケット

旅に出ていると移動しながらの生活となるのですが、予約したバスや電車は、悪天候だからといって待ってはくれません。

旅先では、このレインジャケットを使用しています。

傘は、手が塞がるという理由から使用していません。

せっかく両手が解放されるバックパックを背負っているのに、傘を持ってしまっては勿体無いことだとぼくは考えています。

3年ほど使ってきたので、使用感などを書いていきます。

 

sponsored link

アウトドアリサーチ ヘリウムIIジャケット(OUTDOOR RESEARCH HELIUM II JACKET)

Outdoorresearch 1

 

Outdoorresearch 2

超軽量・コンパクトを売りにしているだけあって、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインです。めっちゃ軽いよ。

 

 

Outdoorresearch 3

ジッパーは、防水処理がされていて雨が入ってきません。

ジッパーが引っかかることもありません。

 

 

Outdoorresearch 4

「OUTDOOR RESEARCH」のロゴ。

サイズ感ですが、小さめにできているので、ゆったりめが好きな方は1サイズ上を。

 

 

Outdoorresearch 5

雨はもちろん、暴風からも身を守ってくれます。

 

 

Outdoorresearch 6

特筆すべきは、このポケット。

ユニ○ロとかでよくある収納バッグは不要で、このポケットに全てが収まります。

では、実際に収納してみます。

 

 

Outdoorresearch 7

こんな感じで押し込んでいきます。

購入前に店員さんに確認したところ、気にせずどんどんとポケットに詰めていって問題ないそうです。

 

 

Outdoorresearch 8

収納完了、結構簡単です。

 

 

Outdoorresearch 9

iPhone6と大きさを比較。

写真では大きく見えるけど、実際はかなりコンパクトです。

写真、もっと上手くなりたい。。

 

実際に使ってみた感想

良いところ

とにかく軽くてコンパクト

驚異の180g。めちゃくちゃ軽いです。

参考までにユニ○ロのウルトラライトダウンは280gです。

 

雨風に強い

東南アジアのスコールもへっちゃらでした。

さすがは、アメリカの本格的なアウトドアブランドですね。

 

防寒着になる

ぼくは東南アジアへよく旅行に行くのですが、あっちのバスって冷房ガンガンでめっちゃ寒いんですけどこのジャケットには何度も助けられました。

完全防水にもかかわらず通気性に優れた内部が蒸れない素材なので、雪山など寒冷地には対応できませんが日常の防寒着としては十分に威力を発揮します。

 

耐久性あり

海外放浪で3年使い込んでもまだまだ使えます。

 

気になるところ

取り出し直後、シワがすごい

半年間、収納した状態で取り出したらシワがすごかったです。

1日吊るすとシワはなくなりましたが、シワを気にする方は要注意です。

 

ウルトラライトパッキング(ULパッキング)に最適

「荷物は軽いが正義」と考えるぼくにとっては、最高のレインジャケットです。

長く使えてるし、買ってよかったです。

こんな感じの人にオススメしたいです。

 

  • 雨に濡れたくない、でも傘は使いたくない
  • とにかく荷物を軽くしたい
  • とにかくコンパクトな雨具が欲しい
  • 見た目にもこだわりたい

 

これらに当てはまる人は、購入を検討する価値は十分にあると思います。

軽い荷物で登山やバックパッカーをしたい方はこのレインウェアが最適かと。

高いけど買ってよかった。

 

メンズ・ウィメンズで別商品扱いなので購入の際は気をつけてね。

現在、Amazonでは品薄状態となっているみたいです。

以下↓の正規輸入代理店でも購入可能です。

A&Fオンラインストア

sponsored link

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]



sponsored link