【mineo】旅行マニアの筆者が使っている格安SIMは?

旅とスマホと格安SIM

日本を拠点に頻繁に海外を旅している筆者は、固定費の節約を常に意識しています。日本にいる時はもちろん安く抑えたいと考えていますが、海外にいる間もなるべく日本の生活費を払いたくないですからね。

 

固定費といえば家賃や光熱費や税金などがありますが、今回は携帯電話の通信費にスポットを当てて、旅人におすすめしたい格安SIMを紹介します。よく海外を旅する方に知っていただきたい内容となっています。

 

ド○モやソフトバ○クといった大手と契約をしている方、格安SIMを使ってるけど海外旅行中も同じ金額を払い続けている方は必見ですよ!

筆者はmineoの格安SIMを使うことにした!

格安SIMのmineo

結論から言いますと、オススメの格安SIMは「mineo」です。

筆者がmineoと契約して既に3年以上が経過していますが、今のところ不満はないどころか、むしろ満足しています。

 

実際に利用した経験から、筆者が感じたメリット・デメリットを報告したいと思います。サービスの良し悪しの捉え方は人それぞれ違うかと思いますが参考になれば嬉しいです。

 

mineoの格安SIMを利用する「メリット」

維持費が安い

一番大事なポイントでしょう。

どんなに通信速度が早くとも、大手キャリアのように高額かつ2年縛りのような契約では困りますからね。

 

詳細な料金はこちらのmineo公式ページにて確認できますが、インターネットのみのプランは「700円〜」、音声通話付きプランは「1,310円〜」で契約が可能です。データ容量は500MB〜30GBの中から選べるので、自宅にWifiがある方は一番安いプランを選べば良いし、そこそこ使う方は3GBとか6GBを選べば良いです。

 

ちなみに、ネットサーフィンとブログ更新が中心でたまにYoutubeを閲覧している筆者は月6GBで足りています。音声通話対応で月々「2,280円」です。

 

通信速度が速い

mineoの通信速度は非常に高品質だと感じています。安いだけで全く使えない格安SIMというのは存在するもので、過去に他社の格安SIMをいくつか試してきた結果、満足のいく通信速度だったのがこのmineoでした。

 

Yahooニュース、Facebook、Twitterは問題なし、Youtubeもスムーズに再生されます。デイトレーダーのような数秒を争うような使い方をする必要がなければ問題はないでしょう。

 

ドコモ・au・ソフトバンク回線から好きなものを選べる

どんなにインターネットの質が優れていても、使えなければ意味がありません。

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの中から好きなSIMカードを選ぶことができるので、SIMフリーなスマホを持っていなくても使えます。

筆者は最大手のドコモ回線を使っています。

 

月単位でプランの見直しができる

頻繁に海外を旅する筆者にとって、これが決め手となりました。

月単位でデータ容量の変更ができるので、日本にいる月は6GBで契約、海外を旅している間は最安の500MBで契約といった使い方が可能となります。

 

mineoのデータ容量変更

管理画面からデータプランの変更ができる

プラン変更はネット経由で簡単にできるので日本に帰国する際にプランを戻すこともできます。海外にいる月は安いデータプランに切り替えて通信費を節約しましょう。

もちろん、海外渡航時に利用しなかった余ったデータは翌月に自動で繰越されます。

 

格安スマホはmineo

mineoの格安SIMを利用する「デメリット」

ここまでmineoのメリットについて説明してきましたが、3年以上利用していて感じたデメリットも合わせて紹介したいと思います。

格安なのには理由があります。

 

12〜13時の時間帯はネットが遅くなる

お昼休みの時間帯はインターネットの速度が遅くなる傾向にあります。

mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクから回線を借りて運営している通信事業者なのですが、混雑する時間帯は大手3社が優先的に回線を利用しているためと思われます。同様の理由で、(お昼休みほどではないにしても)通勤時間帯も混雑することがあります。

 

多少の速度低下はありますがネットサーフィン程度であれば問題なくできるので、筆者の対応策としては、混雑するお昼休みの時間帯にはYoutubeは見ないようにしています。

 

アジアを旅する筆者のmineo運用術

mineoを使って筆者は具体的に以下のように運用しています。

※カッコ内の数字はデータ通信のみの料金

 

・海外を旅する月:500MBプラン

→1,400円(700円)

・日本に帰国する月:3GB

→1,600円(900円)

・がっつりネットを使う月:6GBプラン

→2,280円(1,580円)

 

旅に出ていて使わなかったデータは翌月に自動で繰り越されるので、日本に帰国する月は500MBプランで足りることもしばしばありますが基本的には3GBプランで対応しています。

こんな感じで自分のライフスタイルに合わせて気軽にプラン変更できるのが、筆者がmineoを気に入っている最大の理由です。

 

格安SIMを使って通信費の節約を。

カンボジア・ストゥントレンの街並み

カンボジア・Stung Trengの街並み

 

以上が「mineo」を3年間使って感じたメリット・デメリットとなります。

IIJmio」や「LINEモバイル」など様々な通信事業者が格安SIM業界に参入していますが、mineoはネットの通信が安定していて、月単位でデータプランを変更できる数少ない格安SIMです。筆者も愛用していますが、よく海外を旅する旅マニアには本当におすすめしたいです。

ドコモ・au・ソフトバンク回線から選ぶことができるので、SIMフリーのスマホを持っていなくても問題なく使えるところもグッドです。

 

格安SIM業界の変化はとても早いです。

筆者は常に新たなサービスにアンテナを張っていますので(節約して海外を旅したいだけ!)、おすすめできるものを見つけ次第、都度当サイトにて紹介していきたいと思います。

 

現時点で、日本を拠点に海外を旅する方にオススメな格安SIMは「mineo」です。

 

格安スマホはmineo

 

通信費を節約して旅に出掛けましょう。

それでは皆さん、良い旅を!!