【アジア飯】アジアをおかずに飯を食う

寝台列車による広東省・広州〜広西チワン族自治区・南寧までの行き方・アクセス方法【中国】

time 公開日:2017/03/22 time 更新日:2017/11/01

広州から南寧へ

中国の長距離列車を使用して、広東省の「広州」から広西チワン族自治区の「南寧」まで移動してみました。

移動時間は10時間ほどです。

sponsored link

広州駅にて切符を購入する

中国の長距離列車で広州から南寧へ

まずは駅へと向かいました。広州駅です。

人と警察で溢れています。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

チケットを入手します。

事前に必要な情報を紙に書いておくと受付での手続きがスムーズです。

 

広州・南寧のチケット(切符)

無事チケットを購入。

列車番号:K1205 13車 022号 上段 空調付ハードベッド。

今回は硬いベッドにしました。

本当は下段いしたかったのですが、売り切れでした。

一番上は天井が低いので、寝たきりとなります。

列車に乗り込む

中国の長距離列車で広州から南寧へ

駅内の電光掲示板で待合室の場所を確認。

今回の列車(K1205)は3番の待合室でした。

すでに人がたくさん待機しています。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

広州から南寧までの時間は約12時間。

待合室の近くにある売店で食料を買い込んだ方がいいでしょう。

車内販売もありますが、係りの人は早歩きで通過してしまうし価格設定もお高めです。

ぼくは大量のバナナとスニッカーズを調達しました。

スニッカーズは安いしかさばらないし腹持ちがいいのでオススメです。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

待合室にいるたくさんの人が動き出したらぼくも動きます。

切符に書かれている「13車 022号」を目指します。

今回の列車は深圳東〜昆明を走るようです。

次は雲南省を旅してみたい。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

写真右端にベッドの番号が書いてあります(わかりづらくてすみません)。

ぼくの番号は22番なので向かって右側の一番上のベッドとなります。

手前にハシゴが付いているので登ります。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

ちなみに、ベッドはこんな感じ。

敷布団と掛け布団と枕が用意されています。

中国の宿や列車のベッドは基本的に清潔なので安心して寝ることができます。

上段なので天井が迫っていて起き上がると頭をぶつけます。

可能であれば下段もしくは中段がいいでしょう。

盗難のリスクに関しては上段に分があるとは思いますが…

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

ベッドからの通路を望みます。

大きな荷物がある方はこの荷物置き場に置くといいでしょう。

通路には収納可能な椅子が用意されています。

また、トイレ・喫煙スペース・ゴミ箱はデッキにあります。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

しばらくすると係りの人が切符を回収しにくるので、来たら切符を渡して代わりに交換票を受け取ります。

目的に近づくと再び係りの人が来て起こしてくれます。

その際にこの交換票を渡して切符を返してもらいます。

念のため、到着予定時刻の1時間〜30分前に携帯等のアラームをセットしておくと安心です。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

爆睡したら1時間前に係りの人に起こされました。

寝ぼけた状態で交換票を渡して切符を受け取ります。

目的地である「南寧」に近づいているようです。

南寧駅に到着

中国の長距離列車で広州から南寧へ

南寧駅に到着しました。

荷物を持って列車を降ります。

あとは人の流れについていくと外まで出られます。

 

中国の長距離列車で広州から南寧へ

南寧に到着しました。

外には客引きがたくさんいます。

お腹が空いたぼくは、とりあえず屋台で温かい小籠包を食べながらこれからの旅について考えました。

sponsored link

たるかり

たるかり

1年間の海外放浪生活を経て、山の中でテント生活をしながら小屋を建てる。その後、独立してフリーランスに。小屋を拠点に旅するように暮らしています。 [詳細]



sponsored link